忘れないで!脱毛後のアフターケア

脱毛後は肌がデリケートになっている

最近の脱毛は、肌にやさしく痛みやダメージをほとんど与えずに脱毛することが可能になりました。そのため、脱毛後の肌を見ても、脱毛前とあまり変化を感じず、ダメージを受けているように見えないことが多いです。稀に肌に赤みを感じたり、痛みやほてりを感じる人もいますが、これらの症状はすぐ収まるのが普通です。

多くの場合、特に肌に変化がないため、普段通りの生活をしてしまいたくなりますが、実は肌の内部では熱がこもった状態です。この熱はムダ毛の毛根を弱らせることができますが、肌の内部は負担がかかった状態といえます。そのため、普段以上に脱毛した部分のケアは気を使う必要があります。なぜかというと、正しいケアをしないと肌あれの原因になってしまうからです。

肌トラブルをおこさなためには?

脱毛による肌トラブルのほとんどは、脱毛後のお手入れが間違っているケースが多いです。まず肌を温めてしまう行為は禁止です。例えば、湯船に浸かる、運動する、飲酒する、サウナに入るなどが挙げられます。これらのことで肌を温めてしまうと、熱がこもった脱毛した肌が炎症する原因になってしまいます。

もうひとつ気を付けたいのが、日焼けです。紫外線は肌のバリア機能を低下させ、ちょっとした刺激で肌あれをおこす原因になってしまいます。日焼け止めや日傘を利用するなど、紫外線カットを心がけるようにしましょう。

脱毛した部分を温めないことや紫外線対策をきちんと行うこと、そしてしっかり保湿を行い肌あれのダメージから肌を守るようにしましょう。

横浜で脱毛をすると綺麗になれます。脱毛師はカリスマ性があるので技術力も優れています。ローションの品質にもこだわっているので美肌が保たれます。

© Copyright Dispel Worries. All Rights Reserved.